読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆに昆布

酢昆布がうまい

親不知

 親不知……おやしらず……OYASHIRAZU……
 
昨夜、左上の歯に激痛が走り(それは本当に気が狂うほど)急遽、ご近所の歯医者さんに向かった。
 
子供の頃何度か通ったきりだったので久しぶりの歯医者さん独特な空気。
「ゆにこくん久しぶりー!元気してた!?」と元気じゃないから来てるというのに 明るく声をかけられる。
症状を伝えとりあえずレントゲンを撮ることに。歯のレントゲンを撮るときは硬い棒のようなものを咥えるのだが、機械のセッティング中、顔の整った美人のお姉さん(推定24)と鼻先5cmの距離で棒を咥えた姿を見つめられる。ヤバイ。歯医者ヤバイ。なんで歯医者さんには美人さんばっかなんですかね。
 
レントゲンを撮るのは20秒ほどで終了。最近の機械凄い。親不知抜く前に先ほどの美人さんに歯磨き指導を受ける。
歯磨きプレイだ!歯磨きプレイ!!美人さんの整った手にはゴム手袋が!ゴム手袋フェチにはたまらない!プレイ中、私は鼻息が荒くなるのを必死に押さえていた。
 
  至福の歯磨きプレイを終え、問題の親知らずを抜歯することに。変な所にはえて虫歯になっていたのだ。麻酔をされ、目をタオルで隠される。口をあんぐりと開け得体の知らないナニかを口にねじこまれる。すると「ギシッ!ギシッ!」という音と共に歯を無理矢理ひっこ抜かれる感覚が!あまりの感覚的痛み(麻酔のため本当に痛いわけではないが)に腰が抜けそうになる。この歳で歯医者さんで泣くわけにはいかない。
 
親知らずの虫歯は神経まで行ってたらしく痛みの原因はそれだったようだ。抜いた歯見せてもらい穴が空いた歯はとても痛々しいものだった。
 
今回の治療費は¥4350かかり、お財布にも痛い親知らずとなりましたとさ。
(美人さんの歯磨きプレイ代と考えれば妥当か)