読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆに昆布

酢昆布がうまい

美肌温泉でツルピカ。「優湯庵」

f:id:unico09:20150202140555j:plain

珍しく平日に休みが取れたので、前回紹介したTJ鹿児島の100円クーポンを使って「優湯庵」にいってきました。
 

 

f:id:unico09:20150202140555j:plain

正面に立派な門構えがあります。ワクワクしながら入ってみると、受付のお姉さんに
「こちらは宿泊のお客様専用となっております。日帰り入浴の方は裏にお周り下さい。」
と促される。さっきのワクワクを返してくれ。
 

f:id:unico09:20150202150613j:plain

こちらが日帰り入浴の「YOU湯庵」。名前がダジャレ臭い。平日に来たのにも関わらず、お客さんがチラホラ見える。どうやら有名な温泉なようです。
料金は大人500円。(今回はクーポン利用で100円)
脱衣所には硬貨の戻ってこないコインロッカーしか鍵をかけれるものがないので、貴重品は車等に置いてくるのが吉かと。
 
美肌温泉と名を打ってるだけあって浸かると凄くツルツルシットリします。湯船にずっと浸かっていたくなるような温泉です。
ただ、結構熱めのお湯なので長湯は湯だれを起こしやすいかも。
湯船の種類は内湯、露天ともに熱い湯船のみ。しかし、内湯も露天も雰囲気のある和の造りが凝っていて風情を感じます。
日常のいろいろなことを忘れてゆっくりできる、いい温泉でした。
 
 

f:id:unico09:20150202150613j:plain

湯上り後、温泉の周りを散歩していると侏儒どん橋なるものを発見。渡ってみると、中央に小さな像を発見。
 

f:id:unico09:20150202140205j:plain

解説によりますと、「侏儒=一寸法師」の意味らしく、侏儒どんは背の高さが90cmほどしかなかったとか。この小さい像が等身大なのかも……
頭の回転の速いユーモアあふれる人だったらしいのですが、51歳のときにお祝いの餅を喉にひっかけて亡くなったとか。悲しすぎる。
 
優湯庵周辺は川の流れる温泉街でとても風情がありました。日ごろの疲れを取るのにおすすめな温泉です。
 
 
参考: