読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆに昆布

酢昆布がうまい

天草へキャンプにいってきた!!※もちろん1人

バイク関連 ツーリング・ドライブ

f:id:unico09:20150624223833j:plain

梅雨に入る前に行った初めてのキャンプツーリングの模様をお届します。

 

休日の土曜日、10時前に起床。キャンプを予定していても休みの朝はどうしても起きられない。
GN125Hに必要な荷物を載せまくる。銀マットはフロントフォークに紐でくくりつけて、寝袋と調理器具や着替えの入ったカバンをツーリングネットでタンデムシートに固定。リアボックスにはテントとイス、テーブルを入れてギリギリ。タンクバックには雨具類を積めました。
ツーリングネットで縛っている寝袋類が車体をバンクさせた時に落下しないか不安だったので背中で押さえながら走ることにしました。
そうこうしているうちに11時。鹿児島市内から出発です。
今回のルートは熊本から陸路で天草に入り、テント泊。帰りはフェリーを使って鹿児島へ帰る感じです。
 

・昼飯

f:id:unico09:20150624225532j:plain

ロングツーリングしていると運転にばかり集中してしまってついつい飯を食うのを忘れてしまう。しかもバイクから降りるのが億劫になっていく。
14時を過ぎていたので「次の飯屋を見つけたらなにがなんでも昼飯にする」と決めて走っていると出てきたナイスガイの描かれたラーメン屋に入店。
普通に美味しかったです。
 

f:id:unico09:20150624224005j:plain

三角港に到着。ここは大正・明治時代の建物を無料で見学することができます。洋館好きにはたまりません。

 

f:id:unico09:20150624230253j:plain

こんな洒落乙なカフェテラスに憧れます。

 

f:id:unico09:20150624230301j:plain

こじんまりとした建物。洋風と和風が絶妙にマッチしてますね。
中は資料館となっていて自由に見学できます。

 

f:id:unico09:20150624230305j:plain

ノベルゲーの背景を意識して写真を撮ってみた。

 

f:id:unico09:20150624230322j:plain

和風建築。こちらも中を自由に見学可能。

f:id:unico09:20150624230333j:plain

照明がとてもオシャンティー。古い日本の家は天井がとても低く昔の人は身長が低かったのを実感できます。今こそこういうミニマムな家っていいと思うんですよ。

 

f:id:unico09:20150624230404j:plain

三角港は白いブロックが敷かれた私道のようなものが通っており、駐車場がるにもかかわらず路駐している車が多かった。車とかバイクをここで撮れば結構かっこいい写真が撮れるんじゃないかと思います。

 

天草五橋

f:id:unico09:20150624232306j:plain

天草といえば天草五橋ですが写真を撮れませんでした()。
日が落ちかけていたのでキャンプ地に急いでいく必要があり、ただ橋を5つ渡っただけという……
朝出る時間があと1時間でも早ければッッッ!

 

・本日のキャンプ地「若宮公園キャンプ場」

f:id:unico09:20150624232832j:plain

「ここをキャンプ地とするっ!!!」
日が沈みつつある18時台。なんとか今日のキャンプ地である若宮公園キャンプ場に到着。
 
無人島が目の前というロケーションがナイスな無料キャンプ場で、テントサイトもきれいな芝生がしかれているし、なによりトイレが綺麗というのがうれしい。これを無料で使わせてもらっていいのだろうかと思うレベル。
 

 
 
初めてのテント設営は四苦八苦しながらなんとか設営。
その後、バイクで15分ほどのスーパーで酒とツマミを買って戻ってきたころにはあたりは暗くなっていました。

 

f:id:unico09:20150627223958j:plain

クッカーでご飯を炊く。
実は外で米を炊くのは初めてだったのだが、家で土鍋で米を炊くのと同じ要領で炊けた。米が炊けるまでの間、星を見ながら買ってきた酒を飲む。一口グビッと飲むと長距離をバイクで運転した疲れが吹っ飛ぶぐらい気持ちよかった。
安上がりだがこれぞ至福の時というやつだ。
 
感傷に浸っていると米がグツグツと音を立てて食べごろの合図をたてはじめた。缶詰の"いなばのタイカレー"を米にぶっかけ食べる。ウマァイ!
飯を食った後もテントの中で酒とツマミを口に入れながら本を読み、11時頃に就寝。
バイクでの移動ばかりでしたがなかなか充実した1日でした。
 
帰り道についてはまた後日ブログに投稿しようと思います。

↓かきました

uniconbu.hatenablog.com

 

 

参考:

三角西港 ~完全な形で現存する明治時代の港~ | 宇城市の観光と物産

若宮公園キャンプ場【熊本県】への口コミ情報