読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆに昆布

酢昆布がうまい

ハーレー嫌いが試乗会に行ってきた。乗ったら意外とおもしろかった。

f:id:unico09:20160925125810j:plain

バイクが好きだが、ハーレーだけは苦手意識があった。何故かって、音はうるさいし、速いわけでもないし、SUZUKIじゃないし、でかいし、高いし、あと道の駅でたむろしてるし……

そんな自分ですが、ハーレーの試乗会を開いていると聞いて冷やかし気分で行ってきたのですが、これがビックリ乗ってみたら「ハーレーも悪くないじゃん?」と考えになったのでした。

f:id:unico09:20160930214420j:plain

鹿児島のドルフィンポート駐車場を貸し切ってハーレー展示・試乗会です。販売も行っているので気に入ったらその場で買えちゃいます。バイクの免許を持ってないような人も展示されているハーレーを興味心身に見ていました。鹿児島という地方でもバイクメーカー1社でこの規模のイベントが開けるというのが流石ハーレーだなと。

この日のドルフィンポート周辺は流石ににハーレーばかり。駐輪場で隼ちゃんが完全に浮いてました。

 

f:id:unico09:20160930214440j:plain

試乗は1人3台までできます。車種も豊富でトライクも用意してありました。トライクは4輪MT免許があれば乗れるので大型二輪の免許を持ってない人にもハーレーの魅力を味わうことができます。

意外と女性ライダーが多かったのが意外でした。

f:id:unico09:20160930214448j:plain

乗りこむときにはスタッフの方が簡単な動作説明と半クラッチの感覚を教えてくれます。ハーレーのほとんどはウィンカーボタンが左右に分離していて、車のように曲がり終えると自動で消灯してくれます。最初こそ違和感がありましたが慣れれば便利な代物です。

 

それでは私が試乗した車両を素人ながら紹介していきます。

 

・Street750

f:id:unico09:20160929223417j:plain

ハーレーのエントリーマシン。実はハーレー嫌いな私でもかっこいいと密かに思っていたマシン。ハーレー=でかい、というイメージが強いのでシンプルな見た目のこいつは気に入っており、今回の試乗では一番最初に乗りこんでみたわけだ。

f:id:unico09:20160930214457j:plain

乗り味はベーシックそのもの。750ccという排気量もあるが車両もコンパクトなので特異性がゼロ。正直なところ二輪教習で乗ったCB750やNCのような感じ。CBやNCと比べるならVツインエンジンの特性なのだろうが、試乗会程度では味わうことができず。

余談だが、マットな質感のタンクがかっこいいマシンだが、試乗会の日のような日差しが強い日ではこのタンクが肉でも焼けるんじゃないかというぐらい熱かった。

 

・LOW RIDER

f:id:unico09:20160929223427j:plain

Street750以外の車種はよく知らなかったのでスタッフの人にどれがオススメか聞くと紹介されたのがこのLOW RIDER。なんでも最新モデルらしい。

私が知ってる、でかい!おもい!を体現したかのようなモデルでちょっとビビりながら乗りこむ。

f:id:unico09:20160930214412j:plain

乗り心地だがまさにイメージ通り。ハーレーの特有のドコドコとしたエンジン音、ゆったりとした乗車姿勢。1000~2000回転は全身がふるえるほどの大きな振動を味わうが2000以上まで回せば落ち付く。シートにバックレストがついており、これがお尻にフィットして快適そのもの。排気量に余裕もあるし、こいつなら一日に500km以上走っても疲れないんじゃないかと思える。

あれ?長距離走ってキャンプとかしたい自分には向いてるんじゃね?

 

・ROAD STER

f:id:unico09:20160929223443j:plain

こいつは凄い!めちゃくちゃ楽しい!

ROW RIDERの試乗中に前方を走っているこの車両を見て気になったので乗ったのだが、今回の試乗で一番良いと思ったマシンです。

f:id:unico09:20160930214338j:plain

ハンドル周りはシンプル。タコメーターの中にデジタルで速度を表示してくれる。

ハンドルを握ると、セパハンほどではないが、軽く前傾姿勢 を取ることになり試乗した他の2台より少しやる気にしてくれる。

f:id:unico09:20160930214358j:plain

チェストマウウントをしてるGoproの画像からも前傾姿勢で乗ってるのが分かる。

隼の前傾姿勢と強烈なパワーは今でも乗りこなすのが難しいのだが、ROAD STERは肩を張らずにスポーツライディングをすることができるのだ。

 

デザインも気に入った自分はさっそく値段を見てみることに。

f:id:unico09:20160930214608j:plain

150万円。高い!解散!!

同じようなコンセプトのマシンならヤマハからボルトCが出ているので今度はこっちが気になってきた。

ヤマハ XVS950CU ボルト Cスペック 試乗インプレ・レビュー|アメリカン・ライド-バイクブロス

というわけで、今回の試乗は終了。Street750は面白くなかったけど他の2台は強い個性を感じられて好感触だった。バイクで速く走らない自分には合っているのかもしれないと思い、ハーレーへのイメージが今回の試乗でがらっと変わりました。

 

f:id:unico09:20161001223855j:plain

試乗者のおみやげ。これらには我がSUZUKI車のメンテナンスに使わせてもらう。にしてもドクロマークてダサくないですかね。