読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆに昆布

酢昆布がうまい

一杯のうどんを求めて……片道4時間超え宮崎日帰りツーリング

f:id:unico09:20161015212127j:plain

最近dマガジンというサービスを使い始めまして、いろんな雑誌を読んでるんですがある雑誌の中で「宮崎県は朝うどんという分化があるぐらいうどんが有名な県で釜揚げうどんは絶品である。」というのを読んだのでその味を確かめるべく行ってみた。

片道4時間半かけて……

f:id:unico09:20161015212214j:plain

はいふりカメラに新フレームが追加されたので遊んでいる。

いつもながらかわいらしい隼ちゃん(16歳)です。 お口のラムエアインテークにでかい蜂を食しておられました。お茶目さんですね。

9時に出発の予定だったのですがいつものごとく準備に手間がかかり10時を超えた出発になりました。

f:id:unico09:20161017225343j:plain

この日は鹿児島市内で3台も白バイを見つけました。なんでもこの日が秋の隼のエンジンを聞くと白バイ隊員が睨みつけてきますので大人しく無害アピールをして走りましょう。

 

f:id:unico09:20161017230539j:plain

鹿児島市から宮崎市の高速は大きく迂回するので都城経由で下道を走ります。鹿児島-宮崎の県境は空いているのでこのような晴天だと爽快に走れます。

 

f:id:unico09:20161017230928j:plain

 何度か休憩をはさみつつ、15時手前で到着。豊吉うどん。宮崎の釜揚げうどんでは有名なお店のようでお昼時を過ぎたこの時間でも店内のカウンターには列ができておりました。

f:id:unico09:20161015212154j:plain

メニューはこんな感じでリーズナブル。プラス100円で大盛りもできるそうです。

 

f:id:unico09:20161015212149j:plain

豊吉うどん名物の天玉かうどんを注文。ついでにお稲荷をつけました。

肝心のうどんなのですが、噛んだ瞬間「うどんてこんな柔らかくできるの!?」と驚くぐらいとんでもなく柔らかい麺なのです。ツルツルと食べてしまえるので大盛りを頼めばよかったと食べ終わってから後悔。確かにこの柔らかさなら朝おかゆのように食べられるなと納得したしだいです。

 

f:id:unico09:20161017232223j:plain

目的のうどんを食べた後は日南方面へバイクを走らせ道の駅フェニックスを目指す。宮崎市から青縞へはこの一直線に並んだフェニックスが案内してくれます。延々と並ぶフェニックスはここでしか見れないですね。

f:id:unico09:20161015212134j:plain

道の駅フェニックスからの景色。以前GN125Hで訪れた時は下の海岸まで降りましたが既にそんな元気は無く、美しい海岸をカップルが多い中1人見ておりました。

 

f:id:unico09:20161015212204j:plain

ツーリングの定番ソフトクリーム。コーンの下からクリームが溶けて左手がべちゃべちゃになりました。

道の駅フェニックスの後は日南の海岸沿いを楽しんで鹿児島に戻ります。

f:id:unico09:20161017233534j:plain

行きに4時間半かかったということは帰りも4時間半かかるということ。

ホントは全て下道で帰りたかったのですが時間・体力面を考えて末吉から高速に乗って帰りました。

f:id:unico09:20161010210749j:plain

今回のツーリングはあまり休憩を取らずに走ったのもあって体がバッキバキになったので、まっすぐ家には帰らずに「いろはの湯」でツーリングの疲れをいやします。

ええ、疲れた体に温泉はまさに極楽。これぞ生の喜びってやつです。風呂上がりにビールが飲めればなぁさらに良いのですが。

f:id:unico09:20161017234012j:plain

今回の全工程です。往復300kmちょい。日南の海岸沿いと国道222号をどうしても走りたかったのでこのようなルートになりました。日帰りツーリングとしては充実した1日になりました。もうちょっと朝早く出れればのんびり走れたのかもしれません。